Google・Mapのライセンス

Googleのサービスの一つMapは、APIの利用で柔軟に独自の地図が提供できるようになります。このライセンスは優良で提供されているもので、以前は無料で利用可能でしたが、現在は購入して利用する形です。

GoogleMapのライセンスの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

Google・MapsのPlatformがまさにそれで、有償のプレミアムプランと無償のスタンダードプランが統合されたものです。
1ヶ月200ドル分まで無料で利用することができて、利用サービスにおける使った分だけ課金される仕組みです。

ライセンスを取得している人に対しては、無料のカスタマーサポートが提供されるので安心できます。


従来のGoogle・Mapライセンスは、プランが有償と無償に分かれており、料金体系が煩雑だったのが欠点です。

現在は料金体系が刷新され、1ヶ月200ドルの無料分を超えたら使った分に合わせて支払うイメージです。

利用可能なリクエスト数に制限はありませんし、200ドルの範囲内であれば、約10万回の静的マップの読み込みが行なえます。



無料でそれだけGoogle・Mapを利用できるわけですから、ライセンスの取得を検討しない手はないです。

Google・Mapでは、ストリートビューや動的マップも使えるカスタマイズ性のある地図と、リアルタイム交通情報に基づいたルート検索が可能です。



位置情報から特定の施設の営業時間や連絡先など、便利な情報を提供するプレイスも使えます。


ライセンスには、これらを利用する権利が含まれていますから、活用方法を考えると様々なアイディアの実現が広がります。