GoogleMapは状況によりライセンスが必要

普段から色々なウェブサイトで利用されているGoogleMapは、とても便利です。


APIを利用してカスタマイズを施している地図を掲載しているウェブサイトは、たくさんあり閲覧する人に色々な情報を表示させることが可能な環境が整っています。とは言ってもGoogleMapは一定の条件に該当するとライセンスを有料で取得することが必要です。

GoogleMapのライセンスの珍しい情報をご紹介しています。

無料で利用することが出来るのではないかと感じている方がほとんどですが、APIを組み込んでいるGoogleMapのときには1日あたりのアクセス数が2万5000回より多く、そういった日が90日より多く続いた場合、Googleからライセンス費用を支払うことを求められます。


従量制となっているのでアクセス数に応じて金額が決まることになり詳細な料金体系や諸条件のことについては公式ウェブサイトでチェックするのが良い方法です。


もし、自分が作成したウェブサイトにGoogleMapを掲載していてアクセス件数が非常に多いときにはライセンス費用を請求されることがあるため注意する必要があります。
ライセンスを取得しなくても、ある程度の期間は利用することが出来ますが、少しずつAPIに制限がかけられ使えない状態になっていくのです。



情報が豊富な地図を自分の作成したウェブサイトに掲載することが出来るのは非常に便利ですが制限がかけられると、とても不便なウェブサイトになってしまうため差し支えなければ、ちゃんとライセンスを取得した方が良いと言えます。