Google Mapのライセンス契約は数種ある

企業を初め、飲食店や病院、官公庁など多くのサイトでアクセス方法を示す際にGoogleMapが利用されています。
ただし、無料で利用するためには一定の制限があり、サービスに差異があります。たとえば有償契約が必要なものをGoogleMapsAPIforWorkといいます。

無償版の場合、1日で2万5000pvを超えないことを条件に広告が表示されたり、各種機能制限があります。社内でのみ使用する場合や限定会員サイトで利用するときなどは有償のライセンス契約が必要で、用途によって料金が異なります。


具体的なGoogleMapライセンス体系は、各最小プランとした場合に有償で公開サイトならば年間100万pvまで、非公開サイトとすれば年間25万pvまたはユーザーアカウントで年間2000ユーザーまでなどがあります。

ちなみに公開サイトとは、すべてのユーザーが利用できるサイトのことで、対して非公開サイトは、会員サイトや有料サイト、社内サイト、アプリケーションサイトのことです。

今よりもGoogleMapのライセンスに関する有益な情報をご紹介いたします。

この他にアセットプランといった車両や携帯電話などを追跡したりセンサーを使ったアプリと連携したサイトを対象にしたプランもあります。



有償のライセンス契約ならばサポート体制も充実しており、日本語対応などが利用できます。



最適なプランは地図を掲載する企業や個人の目的いかんによって決まります。サイトの効果を最大限に活かせるよう適したプランを選択しましょう。